泉佐野商工会議所
トップページへ 入会のご案内 お問合せ

How-to Management


特典いっぱい!『青色申告』とは?

青色申告とは?

 所得税は、所得のあるすべての人が自分で自分の所得がいくらかを計算し、申告と納税を行うことになっています。青色申告とは、毎日の取引を正しく記帳している人で、あらかじめ税務署長の承認を受けている人だけに認められる申告の方法をいいます。青色申告をされる人には、税金の面で数多くの特典が認められており、節税効果も大きくたいへん有利な制度です。
正しい記帳は、事業収益や資産の状況が一目で分かり、経営の改善・合理化など事業内容の診断に大きく役立ちます。
青色申告のできる人は

事業所得者…小売業、卸売業、製造業、加工業、修理業、サービス業、建設業、農業、漁業、医療保健業などを営んでいる人

不動産所有者…土地、家屋、アパート、店舗などを賃貸している人

山林所有者…5年を超えて所有する山林を伐採・譲渡している人
青色申告をするには

 青色申告をしようとする年の3月15日(平成15年分の申告から青色申告をしようとする人は、平成15年3月15日)までに、また、その年の1月16日以降、新しく開業された人はその日から2ヶ月以内に、「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出してください。
 また、家族従業員に対して給与等の支給がある場合には、「青色事業専従者給与に関する届出書」も併せて提出してください。
青色申告の特典

青色申告をされる人には、税金の面で数多くの特典が認められており、主な特典には、次のようなものがあります。

≪青色申告の主な特典≫

@ 青色申告特別控除

(a)  事業(事業的規模の不動産貸付を含みます。)を営む人は、正規の簿記(一般的には複式簿記)の原則に従って記帳し、その記帳に基づいて貸借対照表及び損益計算書を作成し、期限内提出の確定申告書に添付することにより最高55万円を所得金額から控除することができます。
 ただし、平成17年分までは、簡易な簿記により記帳している人(現金主義によることを選択している人を除きます。)でも、その帳簿書類その他の書類にもとづいて貸借対照表及び損益計算書を作成し、期限内提出の確定申告書に添付することにより最高45万円を所得金額から控除することができます。

(b)  (a)以外の人は最高10万円を所得金額から控除することができます。

A 青色事業専従者給与

 家族従業員に支払った適正な給与は、必要経費にすることができます。
 この場合、「青色事業専従者給与に関する届出書」をあらかじめ税務署に提出する必要があります。

B 貸倒引当金

 売掛金の貸倒れなどによる損失を見込んで、繰り入れた貸倒れ引当金を必要経費にすることができます。

C 純損失の繰越し、繰戻し

 事業所得などに損失が生じたとき、その損失額を翌年以後3年間にわたり、順次各年の所得から差し引くことができます。また、前年も青色申告をしている人は、損失額を前年分の所得から控除し、既に納付している前年分の所得税の還付を受けることもできます。

 詳細につきましては下記へお問い合わせください 
泉 佐 野 商 工 会 議 所
TEL:072-462-3128  FAX:072-463-8780

大阪国税局のホームページはこちら!
泉佐野商工会議所 中小企業相談所のページへ
▲ このページのトップへもどる
Copyright (C) 2007 The Izumisano Chamber of Commerce and Industry